清酒 菊盛

品質へのこだわり

材料へのこだわり

お酒の品質を決定する最大の要因は材料です。
酒造りは、農業の延長と言っても過言ではありません。
当社は、高品位の材料をたくさん仕入れる為に農家の方々農協の皆様に御協力いただき
木内酒造の酒米を特別に契約栽培しています。

○兵庫県加西市 木内酒造酒米生産団体
山田錦の本場、兵庫県加西市で亀尾洋三さんを中心とした8名の農家の方々がEM菌を使用した
有機農法で山田錦を栽培しています。

○茨城県瓜連町酒米研究会
完全無農薬による有機栽培の美山錦、五百万石、若水等の栽培をしています。

○茨城県御前山酒米研究会
茨城県で最初に酒米を栽培。山間の農地で本場長野産のものに負けない美山錦を栽培しています。

酵母へのこだわり

お酒の香りは酵母がつくり出します。
当社では自社内の酵母研究室にて独自の酵母を開発し使用しております。
大吟醸には華やかな香りの酵母を、味わい重視の純米酒にはどっしりとした
深い風味の酵母を使用しておます。

水へのこだわり

菊盛を支えている水は、当社酒蔵内の井戸から湧き出ている地下水を使用しています。
この水は、醗酵を阻害する鉄分・有機物等を含まない発酵に最適な中硬水です。
酒蔵より1キロ程東に酒井出(さかいで)という地名が有り、ここは万葉の昔井戸から
酒が湧き出た、との伝説のある場所です。

当社の所在する那珂台地は、東に鮎で有名な久慈川、西に鮭で有名な那珂川に挟まれた
水と緑の豊かな地です。きっと昔から良質の水が湧き、その水で美味しい酒が醸造されていたのでしょう。

手造りへのこだわり

当社の酒蔵を見学された方々は、皆様たくさんの機械が使用されている事に驚きます。
しかし、その殆どが合理化の為に使用されております。麹造り・もろ味の管理等の作業は
従来通りの南部杜氏達の熟練した力で行われております。