木内酒造の歴史

創業期

藤田東湖が残した書

木内酒造の酒造りの歴史は、1823年(文政6年)常陸の国那珂郡鴻巣村の庄屋であった木内儀兵衛によって開始されました。
その当時木内家は地の庄屋として周辺の農家の米を年貢米として水戸藩へ上納しておりました。
儀兵衛は年貢米の余りを蔵にしまっておくより酒に加工し販売した方がより儲かると考え、当時交流のあった会津の商人より酒造りの道具を買い入れ酒造りを始めました。当時1年間に使用した米は、年間に白米20石でした。生産量にして4,000リットル程度のようです。
また当時は江戸幕末の新しい思想、改革の時代。水戸は尊王攘夷思想の中心地でした。そして、その中心的な存在が藤田東湖でした。藤田東湖は実父の実家が木内家よりほんの数百メートルの距離にあり、また木内儀兵衛と同年代ということで頻繁に木内家に出入りしておりました。さらに、藤田東湖の甥に木内儀兵衛の妹もとを嫁がせ縁戚関係となりました。
「桜田門外の変」の主謀者のひとり隣村の静村(現在の瓜連町静)の常陸二ノ宮静神社の神主の子息である斎藤監物、天狗党の武田耕雲斎ら当時の水戸学を支えた志士達とも親交が深く、儀兵衛は彼達を支援すべく酒の名を「菊盛」(皇室の象徴)といたしました。

木内酒造昭和初期の様子

昭和初期

現在の社長木内造酒夫(みきお)が木内酒造の跡取りとして家業を継承したのは昭和25年でした。
終戦後のもの不足の時代。醸造した酒は右から左に飛ぶように売れました。この時期に本来米から醸造される清酒にアルコールや、砂糖を加える三倍増醸が発明コストの安い酒が大量に造られるようになりました。
しかし当社ではあくまでも品質にこだわり本物の醸造を心がけていました。

平成年間

昭和60年頃から地酒のブームが始まり、量の時代から品質の時代になりました。当社でもより高品質の清酒を醸造する為に数々の設備投資、さらには技術の開発を行ない、昭和62年高性能の大型精米設備を導入しより精白の高い米を原料に出来るようになりました。また、もろみの低温発酵の為に仕込み蔵の冷房化(63年)、麹室の全面改良、酵母培養室の設置等を行ないました。
そしてその極めつけが、地ビール製造設備の導入でした。

新世代・手造り工房

ビール醸造を決めたとき、その販売方法が大きな問題でした。一般の地ビール工場では、レストランを併設しそこで自社のビールを提供しました。しかし当社のノウハウは、本当に美味しいと評価されるものを安価で多くの皆様に提供する事でした。ですからあえて自社レストランでの販売でなく、瓶に詰めて販売にこだわりました。より新鮮なビールにこだわる為に完全無菌の充填設備を導入し、また醸造のプロセスでも有害な乳酸菌、バクテリアの混入を完全に排除しました。
そして4年、その品質は2000年2001年とドイツDLG品質保証の2年連続最高位受賞、2002年の英国ABTコンテストでの世界チャンピオンの評価をいただきました。
木内酒造が次なる時代に向けてオープンしたのが手造り工房(BOP工房)。日本で最初の本格的マイビール工房です。当社の敷地内は製造免許場です。この敷地内でビール通の皆様に自分の好きなビールを手造りで楽しんでいただくものです。勿論ビールの素や、シロップで醸造するものではありません。欧米の最上級素材を材料に、当社のネストビールと同じ製法で本格的に醸造するものです。量より質の次代。自分だけの楽しみ。ちょっとした自慢。新世代を考えた新たな酒造りを提案します。

新世代・ワインの醸造

絶えず志をもって新たな夢にチャレンジする。木内酒造は次の時代を考えワインの醸造を開始しました。酒造に隣接する畑4,000㎡を買受、そこにメルロー、シャルドネ等々世界のワインの為の専用品種のブドウを作付けしました。平成12年には最初のブドウからワインを醸造しました。平成16年にはこの畑から3トンのブドウが収穫され、2,000Lのワインが醸造できます。勿論販売までには数年。先の長い事業です。しかし10年、20年後にこの蕾が花開くことでしょう。

蒸留工房

環境問題が叫ばれる昨今。勿論木内酒造でも紙のリサイクル、熱エネルギーの有効利用等々様々なシーンでこの地球規模の問題に取り組んでおります。しかし、酒造りの最大の環境問題は製造副産物の有効利用です。日本酒醸造からは米糠、酒粕が、ビール醸造からはビール粕、ビール酵母、残しビールが、ワイン醸造からは圧搾粕、おりが発生します。その全てが貴重なエネルギー源であり、様々な可能性を秘めた材料です。そこで2003年2月に製造副産物の有効利用として蒸留工房を設置しました。