今年も酒造りが始まりました。

今年もいよいよ酒造りが始まりました。
みなさんに美味しいお酒をお届け出来るよう、杜氏、蔵人が精一杯酒造りを行います。 作業風景を見ながら、新酒の完成をお待ちください。

洗米
精米された白米を洗う洗米の作業。きれいに米を洗うため、井戸水をたっぷり使い丁寧に洗います。

浸漬
洗った米は水に浸し、水分を含ませます。米が含んだ水の量次第で、酒の出来に影響がでるため、秒単位で浸漬時間を計測し、正確に作業をすすめていきます。

蒸米
大きな甑(こしき)を用いて米を蒸しあげます。「外硬内軟」と呼ばれる、外側が硬く内側が柔らかい状態を目指します。

放冷
蒸しあがった米を放冷機で冷ましながら麹菌 を散布します。

引き込み
冷ました米を麹室に運び込み、麹をつくっていきます。