放射線量検査を行いました。

茨城県内のホウレンソウから基準値を超える放射線量が検出された報道を受け、弊社では製品及び仕込み水等の検査を行いました。


測定法に関しては、文部科学省が定める『緊急時における放射性ヨウ素測定法』を用いました。

また、64ページととても長いのですが、PDFファイルでのダウンロードも可能です。
緊急時における放射性ヨウ素測定法.pdf


検査の結果、製品及び製造使用水等からは放射線が検出されず、安全であることを確認いたしました。


下記PDFより検査の詳細をご覧いただけます。
放射線測定レポート.pdf

弊社では引き続き公的機関による継続検査を行い、製品の安全性を確たるものと致します。



↓2Lのポリエチレン容器に試料を定量(1L)汲み、検出部をポリエチレン袋で包んでガンマ線の測定を行いました。



↓使用したサーベイメーターは、アロカ社製 TCS161及びTCS171。文科省の定める測定法では、TCS171を使っておりますが、TCS161も基本的性能は同じと確認しております。




↓畑の野菜及び土壌も安全を確認しました。